人の視線が気にならず、堂々と毎日を送れるポイント【心理学生】

全ての記事

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐡

【人の視線が気になる】【毎日ビクビクしながら生活している】

【人前に出ることが億劫】【もっと自信をもって生きたい】

なんて心で思って生活している方に見てほしい記事。

 

僕は、高校時代【自律神経失調症】で悩んでいました。

その中にも他人からの視線がストレス要因としてありました。

新たに対処法を知った今でも、

外出する際には人の視線が気になることもあります。

それでも随分とましにはなりました。

 

そんな方法が少しでも広まればいいと思います。

少しずつ楽にしていこう

自分の悩み事・困りごとを明確にする

ずばり、自分の悩み事や困りごとを紙に書き出してみてください。

困る表情のイラスト4(男性)

よく聞くやり方だけど意味なさそう…

なんて思われがちですが、まぁ一度書き出してみてください。

これは悩み事だけではなく、目標ややりたいこと、思っていること

でもいいんですが、何かに書き出して客観的に知覚するというのは

主観的にずっと心の中で意識としてあるものとは全然違います。

これを行うことで、

【どんな状況で】【どんな事が】【どのように】

【どの程度】悩んでいるのかがハッキリしてきます。

そうすることで次のステップに進めるわけですね。

(例)人前で発表する際に人の視線が気になる

道を歩いている時に車からの視線が気になる

 

見られたと思ったタイミングでその方向をガン見

この手の悩みを訴える人の特徴として

【受け身】【控え目】【自己肯定感が低い】傾向

そのような人ほど、人から見られていると1度思い込むと

俯いて勝手に恥ずかしくなっているんですよね。

それは、他人と自分自身に負けているんです。

勇気をもって、見られたと思った瞬間にそっちをガン見してみて。

あなたが思っているより全然見られていないし、

仮に見られたとしても

相手のほうが見られたと思って目をそらすはず。

 

逆にあなたは昨日すれ違った人の服装や見た目を覚えている⁇

自分が見られていると思っているなら、逆の発想をしましょう。

あなたは、毎回毎回すれ違った人を見て、その人の顔、服装、見た目を覚えていますか??

正直全く覚えていませんよね。なので向こうも同じ。

誰もあなたのことなんか見ていないです。

これは心理学を学んでいるときに教わったのですが。

あなたはほかの人がわざわざ見るほど魅力的ではない

ということ。悲しいような気もしますが、その通りですよね。

芸能人でも大スターでもないわけですから。

 

自分の悩みに合った解決策を使ってみて

容姿(服装)に自信が無いタイプ

このタイプは一番改善がしやすいです。

簡潔に、【服装を変えればいいだけ】です。

オシャレな服装が分からない⁇

それなら【街で自分がおしゃれだと思った人のマネ】をしましょう。

今の時期(夏)の男性なら

ビックTシャツ×黒スキニー

派手目の柄Tシャツ×黒スキニー

真っ白のTシャツ×WeGO,GUで買える安いネックレス×黒スキニー

だけで全然大丈夫ですよ‼十分オシャレに見えます。

この悩みを持っている人はお店の店員さんに

おススメの服を聞いたりできないと思います。

僕もそうなので。周りをみてコソコソ勉強しましょう。笑

容姿(身長,体重,痩せ太り)に自信がないタイプ

自分もこのタイプに当てはまります。

高身長のくせにガリガリなのでみっともないんですよね。

このタイプは短期的には改善することは難しいので

長期的に見積もってジムなどに通うしかありません。

僕は根性なしなのでジムなんかには行きません。

その代わりメチャクチャ服について勉強しました。

  • 膨張色で瘦せていないように見える色
  • 腕をどこまで出せば細く見えないか
  • パンツは基本的にダボダボ系
  • 下着の上に一枚重ね着をして着脹れさせる

などを計算して、自分に合った服を買うようにして対策しています。

 

自信がないから猫背で下を向きがちタイプ

基本的に見られていると思い込むことで視線は人の視線が無い地面に行くはず。

そうなると

姿勢は猫背になり、目線の先もおかしいので

見た目が【根暗】【怖い】

と思われているかもしれません。

そのほうが余計に周りと比べると違っているので、人から見られやすいです。

なので、逆に自信をもって胸を張ってすこし上を見て歩くくらいのほうが

【普通】ですよ。取り組みやすいので記事を読んでからぜひお試しあれ。

 

漠然とした不安が取り巻いているタイプ

これは【人に見られている】という外からのネガティブな刺激が

常に自分に対して悪影響を及ぼしているという思い込みの期間が長い人に

起こりやすいタイプ。

それが普通になってしまって、ずっと不安が取り巻いている。

一旦落ち着いて顔を上げてみましょう。

まずは冒頭で紹介した、【悩みや不安を書き出す】

自分自身を整理してみましょう。

思っていたより多かったですか?少なかったですか?

例え多くとも少なくとも、

こんなちっぽけなことで悩んでいたのか。

なんて思うこともあると思います。

これが客観的に認知する大切さ。

そしたら次に対処行動を取っていきます。

色んなゲームで楽になってみよう!!

初心者向け‼ネガティブ→ポジティブ変換ゲーム

自分の性格面なら【ネガティブ→ポジティブ変換ゲーム】

ネガティブ→ポジティブ変換ゲーム ーやり方ー

  • ネガティブな要素を挙げる
  • 逆の発想でポジティブに変換してみる
  • (多少無理矢理でもOK)
犬のイラスト「疑問」

具体的に教えて‼

(例)ネガティブ→ポジティブ変換

  • 根暗→物事を冷静に取らえられる
  • 恥ずかしがり→ガンガン前に出ていかず、空気を読んだ行動がとれる
  • 無口→口に出すことを頭で深く考えてから発言できる
  • 全て悪い方向へ考える→最悪な状況を考えて行動が取れる

これは心理学でもカウンセリングの一つとして取り入れられている方法です。

どうですか⁇自分ってイイ所あるじゃん…ってなりました?笑

実はあなたって自分が思い込んでいる何倍もすごいんですよ!!

ですが、初めは自分を肯定するってなかなか慣れなくて難しいと思います。

ですがそれが普通です。今までと別の考え方なわけですから。

継続が大切なので、ゆっくり取り入れていきましょうね‼

 

心の中だからやりやすいよ!!自分で自分を実況ゲーム

自分の行動面なら【自分で自分を実況ゲーム】

自分で自分を実況ゲーム ーやり方ー

  • 不安が想起される場面に立ち会う
  • 自分で自分の今の状況をベテランサッカー実況者ばりに心の中で解説
何が何だかわからない人のイラスト(男性)

何を言っているの…??。

(例)学校に行くまでに緊張してしまう場合

さあ、かつお選手、今日は少し体調が優れず、緊張気味でしょうか?

あまり時間がない中、一人で焦っていますね~。

ここで学校が近づいてきて、やはりかつお選手緊張してきました。

おっと、次はなんでしょうか?

これはなんと、緊張をほぐすために腕を伸ばし始めましたよ~

これは変なことをしていると思われるかもしれませんが

やりたい根本は【自分の状況を客観視すること】なんです。

客観視することで落ち着くことができたり、不安のレベルを図りやすくなります。

これも心理学では大切なことなんです。

ぜひお試しあれ。

誰も始めから100%改善なんて不可能だ

このような不安や悩みが明日治っているかと言われたらそれは無理でしょう。

何日も,なんなら何年先まで治ることはないかもしれない。

ですが、この記事で得た方法で今1%でも前を向けたらどうでしょうか。

塵も積もれば山となるように、1%が10%に、10%が15%に

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ自分を受け入れていけるはずです。

3年前の自分はやべぇ奴だったなぁなんて思い返せるかもしれない。

自分の悩みや不安を改善するってのはそんなもんだと僕は思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました