【資格】秘書検定を受けてのメリットや所感を語る【大学生】

全ての記事

おはようございます☀ふんわりんぐのかつおです‼

皆さん、【秘書検定】というものをご存知ですか⁇

資格の一つで、主に社会常識や社会に出て必要となるマナーについて問われる資格になっています。

大学生のうちに取得することを目指している人も多いこの【秘書検定】ですが、

実際のところ、

  • 本番までの勉強時間
  • どの問題集を使えばいいのか
  • 本番の試験の内容や何をすればいいのか
  • 取ってみて何か変更はあったか
  • 結局、必要な資格であるのか

など、多くの疑問があると思うので、それを今回、実際に【秘書検定】を受験してきた僕がご紹介していきます。

 

そもそも秘書検定とはなに⁇

秘書検定は,社会に出て働く人なら誰でも備えておかなければならない基本的な常識を,秘書技能という名称に集約して検定問題として出題しています。基本的な常識ですから誰にでもできることですが,感じがよいと言ってもらえる表し方はどのようにすることが必要か,この部分について試験問題を通して学べるようになっています。

(Iビジネス系検定HPより引用)

受験者の割合

大学生ー54%(専門・短大含む)

高校生ー23%

社会人ー15%

その他ー8%

本番までにどんな勉強をしていた⁇

秘書検定が実施されたのは6/16日

僕が受けることを決めて、申し込んだのが4月の中旬ほどでした。

なので、勉強時間でいうと、二か月ですね。

やることは簡単 ー繰り返すー

僕は学校団体で申し込んだので、決められた問題集と参考書を購入しました。

実際に本番までその二冊とにらめっこしてただけでした。笑

  1. 参考書を読んでみるが何も分からないので
  2. 【一回目】取り敢えず一日一単元ずつ読みながらマーカー引く作戦決行(全部で5単元)
  3. だいぶ見たことある言葉は増えてきたので調子乗って問題集にいってみた
  4. 結果3~4割(6割で合格)で軽く萎える。また参考書に戻ろと決意(問題集ぽいっ)
  5. 【二回目】もう一回別のマーカーを手に持ち、毎日1単元生活
  6. 隙間時間にひたすら参考書を開いて眺める(意味があったのかは分からない)
  7. 本番が近い…そろそろ問題集に取り組もう
  8. だいぶわかり始めた(5~6割)が、まだ安定しない
  9. 【三回目】ぐちゃぐちゃの参考書に更にマーカーを塗りたくる
    (どこのページに何が書いてあるかまで分かり始めた…ひい)
  10. 本番まで残り一週間…(まずい)ひたすら模試をトライ&エラー‼
    (勝率7.8割っっっ!!)
  11. 【四回目】やっぱり信じられるのはお前だけだ。参考書っ…‼
  12. 本番を乗り越える
  13. <<<<<合格>>>>>>>

 

自分の再現率に驚きます…。本当にこのまんまでした。笑

 

再現してみて分かった大事なこと

実際再現してみて分かったのは、【繰り返す】ことの大切さ。

同じ参考書でも、最終的にどこに何がのってるかまで分かるレベルまで突き詰める

そうすると自然に知識が身についてきてました。

例え、見たことあるページでも無理やりマーカーでマークする。

見たことありすぎて頭がおかしくなりそうなときは声に出して読む。

昔から言われてきた【繰り返す】ことの大切さを改めてここで実感しました。

オススメは【3週】ですね。3回繰り返せば問題ないと思います。

 

どの参考書と問題集を使ってたの??

自分が使用していたのはこの2冊です‼

左側が参考書 右側が問題集になります

クリックするとHPに飛べるので是非チェックしてみてください‼

本番の試験について

今回僕は2級を受験したので、その概要になります。

制限時間

2級は試験時間が2時間

ビビるほど多いです…なぜなのか。本番は余裕をもって臨むことができます‼

そして、一時間たつと途中退室も認められます。

受験者の退出傾向を見ていると、ほぼ全員1時間すぎ頃に退出していましたね。

問題内容

  • 理論(マーク)
  • 実技(マーク&記述)

の2種類に分かれており、理論はマークシートのみ。実技はマークと記述があります。

どちらも60%で合格となります。注)片方でも60%以下だと不合格となってしまいます;;

会場の空気感や受験者

会場の空気感も一応ご紹介しておきます。笑

  • みんなギリギリまで参考書を読んでいる
  • 2級ということもあり、あまりピリピリ感は感じなかった
  • 大学生ばかり
  • 受験票と筆記用具と参考書だけあればいい

 

取得してみてなにか変化はあったか⁇

正直、めちゃくちゃ受けてよかったと感じています‼

圧倒的に社会人としてのマナーに対する意識が向上した

秘書検定を受ける前は、マナーくらい基本でしょ。なんて軽いことを言ってましたが

実際、社会マナーというものは奥が深いものでした。

自分が全く何も知らなかったことに気づかされ、秘書検定を受けることで

少しではありますが、社会に通用するマナーは学ぶことができたと感じています‼(すごい)

合格してみて【2級】が甘いことも同時に知らされた

2級に合格して本当に嬉しかったです。が、もっと上には上がいることも知りました

秘書検定にはさらに上の準1級・1級があります。

1級は2級みたいに生ぬるいマーク問題ではなく

【全問記述+面接】のゴリゴリの試験です。

それは社会マナーはもちろん。どこの企業でもアピールすることができると思います。

2級も勿論、アピールすることができますが、主役は準1級・1級でしょうね。笑

 

自分に自信がついた

これは秘書検定だけではなく、全ての検定・資格に通ずるものだと思いますが。

やっぱり時間をかけて努力してきたものが実るときは自分に自信が持てますよね‼

さらに自分という履歴書に【秘書検定 合格】が加わったわけです。

また次の資格を取ってみようかな‼と前向きになるいい循環が生まれます。

次は、色彩検定か簿記検定を受けてみようかなぁ…。

 

結局、受ける価値がある資格なのか⁇

はい。悩んでいる人は積極的にまずは2級から始めてみてほしいです‼

大学生にとって足りない【マナー】【継続力】【自己肯定感】【トライ&エラー精神】などなど

【資格を得る】以外に大切なものを学べるチャンスだとおもいます。

就職活動で有利になりたいという単純な理由の方も本当におススメします。

秘書検定=マナーがある程度分かっている人 という認識で間違いないので。

気になった方は是非公式HPで詳細をご覧になってください‼

ビジネス系検定

 

まとめ

以上、秘書検定を受けた所感やメリットをまとめてみました‼

いかがだったでしょうか⁉気になった方は是非受験してみてくださいね!

次の試験日は11月を予定されているので、今からでも全然間に合いますよ♩

ポイントは【同じ参考書を3周すること】でした。お忘れなく‼

ふんわりんぐのかつおでした‼ありがとうございました‼

最近はよくTwitterにいるので、是非フォローをお願いします♩

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました