うどんじゃなくなったAirPods Pro 簡単な特徴まとめ 10/30発売

おもち

ふんわりんぐの「おもち」です。

新型AirPods Proの発売が発表されましたね!

今回は新型のAirPods Proの特徴を簡単にまとめていきたいと思います。

価格:27800円

発売日:10月30日

 

AirPods Proの新機能・特徴

デザイン

引用:https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

従来のものは白くて縦に長いのが「うどん」みたいだといじられていましたが、新型AirPodsは従来のものよりも短くなっており装着しても耳から垂れているような違和感はあまり感じられないような印象です。

「うどん」みたいな見た目が嫌で買わなかった人には結構重要なポイントですね! 

AirPods ProAirPods2

写真で比較するとわかりやすいですが、結構短くなっていますね!

「AirPods Pro」と「AirPods」の違いを比較

充電ケースは新型のほうが横に長くなっていますす。

ケースに関しては個人的従来のほうが好みですね。

しかしさすがAirPods!今回の新型は「うどん」ではないけれど、また新しい名前が付きそうですね(^^♪

その話は最後のほうで、、、、

スペック

新型AirPodsのスペックは以下の通り

  • 一回の充電で最大4.5時間聴ける本体内蔵バッテリー
  • 最大3.5時間の連続通話
  • 付属充電ケース併用で24時間以上再生、18時間以上通話
  • 充電ケースに5分間入れて約1時間の再生
  • 充電ケース自体の充電はLightning端子のほか無線Qi対応
  • アップル H1チップ
  • IPX4 耐汗耐水性能
  • 本体重量 5.4g(片方)
  • 長さ30.9mm
  • ハンズフリーの Hey Siri 対応
  • 大小三種類のイヤーチップ付属

引用:https://japanese.engadget.com/2019/10/28/airpods-pro-2-7800-10-30/

スペックではバッテリーの駆動時間などが気になるポイントだと思いますが、5分充電するだけで1時間使用可能なのはかなり便利ですが、従来のものも15分充電するだけで2,3時間使用可能なのであまり大差はないと思います。

また最大駆動時間、通話時間も従来のものと変わりはありません。

音質

何が変わった?「AirPods Pro」と「AirPods」の違いを比較 - 音質

新型AirPods Proは音質の向上はもちろん、耳を密閉して音に集中できるカナル型を採用しています。

  • アクティブノイズキャンセル(ANC)機能に対応
  • 遮音性のあるイヤーチップを採用(耳栓としても利用可能)

うるさい場所では耳栓として使え、外部の音と一緒に聞きたいときには「外部音取り込みモード」にワンタップで切り替えることができます。

密閉・開放どちらにも対応しているので、状況によって使い分けるが可能です。

従来のAirPodsでは使いやすいけど周りの音が気になっていたという方々が少なからず居たと思いますが、今回の新型で両方対応することでユーザーの期待に応えてきましたね!(^^)/

 

新型AirPods「うどん」の次はまさかの〇〇⁉

上記でも述べましたが、従来のAirPodsは白くて細長く耳にかけた時の見た目が「うどん」見たいと散々いじられましたが、今回の新型もあるものに似ているとネットでは広まっています。

それが、

ポケモンのマダツボミです(笑)

この画像見るとめっちゃうまい具合にはまっていますね( ;∀;)

このほかにも、、、、、、

こういうものを見てしまうともうそれにしか見えなくなってきますよね(笑)

 

まとめ

今回はAirPods Proの特徴などを簡単にまとめました。

AirPods Proは値段はやや張りますが従来懸念されていたデザイン、機能面などがかなり改善されて限りなくユーザーの要望に応えた製品なのかなと言う印象でした。

自分もこの従来のものにはあまり興味はありませんでしたが、新型の方は少し財布の紐を緩めて買ってみてもいいんじゃいいかと購買欲をくすぐられましたね(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました