【スマホ一つでOK!】ブロガーがYouTube動画を撮影するまで【たった3ステップ】

Youtube

最近はYoutubeが台頭して、様々な職業の方々が参入しています。

そこで我々【ブロガー】の中にも参入を図ろうとしている人もいるのでは?

そんなわけで、今回は実際にブロガーの筆者がYoutubeに動画を投稿してみたので、それまでの過程を分かりやすくご紹介していきます。

投稿して思ったのですが、「誰でもできます」

早速見ていきましょう!

 

Youtube用の動画を撮影する

「映える写真撮りたいなー」の写真[モデル:まめち]

簡単3ステップをご紹介していきます。

 

スマホのカメラで撮影

Youtubeに参入する気が起こらない理由の一つとして

なんか初期費用が掛かりそう...」

ですが、この問題は手に持っているスマホで解決します。

3.4年前の型のスマホまでくらいであれば、画質も許容範囲です。


これは実際にYouTubeに投稿してある筆者の動画です。

一人暮らし大学生ブロガーの休日ルーティン

全てiphone8で撮影しています。なので少し画質が粗めですかね(笑)

 

何本もの短い動画を撮る

ジャンルによってはずっと動画を回し続けるケースもあると思います。

ですが、筆者のような動画のスタイルであれば、

10~30秒の短い動画を何本も撮り貯めていけば、1つの動画が出来上がり。


以下の写真は筆者の実際のカメラロール内です。

約12本ほどの短い動画を撮って、それを1つの動画にしています。

「何故短い動画を何本も撮るのか?」と思われますが

以下でメリットを挙げていきたいと思います。

 

初心者に長時間の撮影はハードルが高いから

Youtubeに参入しようと意気込んで、動画を撮影し始めるも

何を話せばいいのか分からず、シーンとした時間が流れてしまいます。

(具体的には、長時間撮影したものをカットすれば良いのですが、)

それならば、10~30秒くらい喋って止めて、確認してまた撮影をする。

こちらの方が、「なんか出来そうだな!」という気になりますよね。

 

長時間まとめて撮った動画は編集作業がタイヘン…

Youtubeに動画を投稿するのが初めてならば、

動画を編集することだって慣れてはいないはずです。

知名度のあるYoutuberたちはそれなりの編集技術も兼ね備えているので

長時間撮影した動画を綺麗にカットなどの編集を加えて仕上げます。

ただ、初心者の内はそんな難しいことをしていると頭がパンクしてしまいます。

なので撮影する時点から必要な動画だけを厳選するために、短い動画をたくさん撮影することをおススメします。

 

撮った動画から要らない動画を消す

さてここまでを実践して頂いていれば、今あなたのスマホには

たくさんの短い動画ファイルが存在しているはずです。

ここから本当に必要な動画ファイルのみを残していく作業です。

ですが、作業と言っても何も難しいことはありません。

 

自分が気に入らないものをかたっぱしから消す」だけ

 

例えば、噛んでしまったり、何も無い時間があったりするもの。

そして残った動画を繋ぎ合わせれば、一つの動画が完成します。


短い動画の繋げ合わせ方(動画編集)についてはこちらをどうぞ

 


あれ?なんか○○みたいな動画にならない。

と思ったあなた、ひとまず投稿してみましょう。

あなたの目標にしている有名Youtuberも初めから高クオリティ動画を投稿していたわけではありません。

特にブロガーのあなたなら分かるはずです。初めはなんだって拙いものです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

初心者、主にブロガーからYoutubeに参入を考えている方向けに

Youtube用の動画を撮影する方法についてご紹介しました。

「撮影データ確認中に興奮するカメコ」の写真[モデル:大川竜弥]

まとめると、この3ステップです。

  1. スマホのカメラで動画を撮影する(新機種ほどイイ)
  2. 10~30秒の短い動画をたくさん撮る
  3. その中から要らない動画を消していく

実際にこの3ステップを経て完成したものが以下の筆者の動画です。

一人暮らし大学生ブロガーの休日ルーティン

※あくまで初心者向けの工程なので、高クオリティを求めている方は

以下の記事などを参考にしてみてください。

ハイクオリティ動画の作成方法(他サイト様)

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また次の記事で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました