【BLUE/Saucy Dog】歌詞の意味を解釈!【現状に突き刺さるメッセージ】

歌詞考察・解釈

【BLUE/Saucy Dog】
について歌詞を解釈していきます。

楽曲について

2020年6月12日にデジタルリリースされた楽曲。

新型コロナウィルスの影響にある現状から
届いたサウシーの新曲となっています。

以前の楽曲【結】については以下からどうぞ!

歌詞解釈

タイトル【BLUE】とは?

まず始めにこの楽曲のタイトル【BLUE】についてです。
様々な意図がある中で、筆者が強く感じたのは以下の二つ。

1.この世界がまるで水中のように息苦しいこと
2.今のコロナ禍の惨状がまさにブルーであること

どちらにせよ、このタイトルが示すのは
ポジティブなイメージではないことが分かります。

さて歌詞を追っていきましょう。

1番

高層ビルの海の中
漂ってる僕ら今日も
溺れそうになりながら
息継ぎの場所を探してる

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

今にも倒れてしまいそうな
行く先の見えない心情が謳われています。

まさに社会の波にのまれながら生きている
私たち人間の描写のように感じられます。

何度も溺れて苦しくて泣いて
またどうすることも出来ずに這い上がって
必死に息をしようとすることの繰り返し。

ここではそんな過酷な毎日が
まるで海の中のようだといっているのです。

筆者
筆者

溺れた時に必死に水面から
顔を出そうとする瞬間。

まさにそれほどに悲痛です。

 

“Do you kill me?”この世は
息苦しくてしょうがないね
産まれた意味を教えてよ
どこを目指して泳げばいい?

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

歌詞にもあるように
まるで自分を殺しに来ているのか
と感じるほどに艱難辛苦な日々

自分の人生の終着点は何処なのか?
何を目標にしているのか?
自分の目指す夢はなんなのか?

そんなことを思いながら
ただただ浪費するだけの毎日なのです。

そうして顔を上げることも無く
ひたすらに疲弊している私たち。

筆者
筆者

こうなってしまったのは
いつからだろうか…。

 

運命なんか知らない
僕らで作ればいいや

流されて 泣かされて
世界に見放されても
僕らどこまでもこのままで
誰にも愛されなくても

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

全てを諦念した訳ではありません。
むしろ反骨精神ともとれる想いが映し出されています。

例え、味方が自分一人だとしても
未来は自分で描いていくといっている。

一見すると前向きで明るく映っている歌詞です。

しかしながらこのように感じてしまう世界は
既に「良い世界」と言い難いのかもしれません。

 

2番

“You’ll be all right”荒波を
乗りこなす為に今があるんだ
半端な覚悟じゃダメじゃない?
後悔に足を止めるなよ

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

2番から謳われているのは
過酷な世界を生きる私たちへのメッセージ。

必死に波を掻きながら息を吸っている今は
今後の更なる困難へ立ち向かう糧となるのです。

後ろを振り返って、
変わらない過去に足を救われて
溺れてしまうくらいなら

立ち止まらずに
前へ泳ぎ続けろといっているのです。

あなたは大丈夫
根拠はなくとも
そういってくれるだけで
どこか救われた気持ちになりますよね。

筆者
筆者

優しく歌い上げているからこそ
余計に心に染みます…。

 

からかうやつはほっとけよ
波風立たして笑ってるんだ
結局はみんな自分次第
何をしても良いのさ

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

ここの歌詞には日々に悩んでいる私たちが
気付くべきである本質について謳われていると感じました。

競争社会や集団生活故に
心に蔓延る「他人への感情

特に日本人はその傾向が強いように感じます。

そしてそれに飲み込まれて
手も足も出ずにレールに乗せられているばかり。

そうではなく、
もっと自由に生きられる権利があるのです。

しかし自由にすれば
出る杭は打たれる」の状態で
誹謗中傷を浴びせてくる人が現れます。

しかしそんな人々は
既にそのレールに乗った固定概念に
縛られているのです。

そんな人々を無視して
どうか前向きに生きてくれという
サウシーのメッセージ。

 

運命なんか知らない
僕らで作ればいいや

騙されて はがされて
世界に嫌気がさしたの?
きっとあの時の失敗はもう
許されても良いんだよ

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

ずっと過去の過ち後悔
心に纏わりついて離れないまま今に至る。

そうなることで
今の行動一つ一つに
自信が無くなってしまいます。

いつしか世界に対する想いは
ネガティブへと変容してしまった。

そんな中で呈されているのは
もう気にしなくてもいいんだよ
ということ。

どうせ戻らない時間ならば
いっそ心から追い出してみた方が
楽になれるのかもしれません。

 

壊れそうな時には
泣いたって良いし辞めちゃったって良い
疲れたら漂いながら

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

どうしようもなくなった瞬間に
こんな自分は弱いから
もっと頑張らないとと無理をしてしまう。

恐らく社会や集団にのまれている人に
共通している考え方だと思います。

しかしそうではなくて、
一度折れた羽根をそのままに
心の中の感情を曝け出すことも大切なのです。

どこまでも
過酷な状況の私たちを肯定してくれます。

ラストサビ

流されて 泣かされて
世界に見放されても
僕らどこまでもこのままで
誰にも愛されなくても

僕らなら 僕らなら
いつかの後悔も乗り越えてさ
きっと何度でも明日へと
息も忘れて泳いでく

<BLUE/作詞:石原 慎也 作曲:石原 慎也>

そうしていつかは
過酷な水中のような世界で
また一歩を踏み出して歩き始める

あれほど必要としていた
」すら意識しないほどに
前を向いて進み続けていくのです。

筆者
筆者

まさに現状にぴったりの
メッセージが込められています。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

【BLUE/Saucy Dog】
について歌詞を解釈していきました!

筆者の一解釈なので
様々な解釈があることをご了承ください。

誰もが感じている表に出せない感情を
全てこの曲が代弁してくれているかのような歌詞。

この状況でバンド側から新曲が出されることを
本当に嬉しく思います…。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました