音楽

【まふまふ】2020年東京ドームワンマンは埋まるのか【ライブ】【神楽色アーティファクト】

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐠

先日こんな発表がありました

まふまふさんが2020年3月25日に東京ドームにてワンマンライブを行います。

この発表に対してファンの反応は凄まじく、9万いいねがつくほどに。

今回は【東京ドームで単独でライブをする】ことが

どれほど凄いことなのかについて

まとめていきます。

 

先月投稿された新曲【生まれた意味などなかった。】

についての最速歌詞考察はこちらからどうぞ

まふまふさんの本心が詰まった曲だったと思います。

解釈すると彼の伝えたいことが届いてきました。是非ご覧ください↑

過去に東京ドームでライブを行ったアーティスト

下記はこれまでに東京ドームでライブを行ったアーティストたちです。

美空ひばり 長渕剛 チェッカーズ 尾崎豊
マイケルジャクソン 氷室京介 光GENJI THE ALFEE B'Z
SMAP ビヨンセ 関ジャニ∞ NEWS KAT-TUN
EXILE Mr.Children UVERworld シド 桑田佳祐
ゆず AKB系アイドル back number ONE OK ROCK Perfume

このアーティストを見るだけで分かると思いますが、

大抵のアーティストは東京ドームでライブをすることは不可能です。

後に記述しますが、東京ドームのライブ時の収容人数は約57,000人。

6万人も入るんです。

ライブ先行申込やCDの売れ行きを見て

6万人以上の応募が見込めないと

東京ドーム側も提供するメリットが無いわけですね。

 

東京ドームってそんなに大きいの?

はい。全国のドーム会場の中ではトップクラスです。

多くのアーティストが東京ドームでのライブを

目標にしているのではないでしょうか。

 

全国のドーム会場・スタジアム会場・ライブ会場と東京ドームを比較してみました。

会場名 収容人数(キャパ数)
東京ドーム 57,000
札幌ドーム 53,000
ヤフオクドーム 52,000
ナゴヤドーム 50,000
京セラドーム 50,000
西武ドーム 33,000
さいたまスーパーアリーナ 36,000
大阪城ホール 30,000
横浜アリーナ 17,000

お馴染みのさいたまスーパーアリーナや大阪城ホール、横浜アリーナでも3万人ほど。

 

様々なアーティストが出演するフェスタイプなら埋まる可能性もありますが

単独で東京ドーム公演が出来るまふまふさんは相当だということが分かります。

 

恐らくネット発アーティストとしては初めての偉業ではないでしょうか。

 

今年の6月にキャパ数30000人の西武ドームワンマンを成功させたばかりです。

どこまでいくんでしょうか…。

 

まふまふ東京ドームのチケットは取れる?

恐らくですが、余程の事が無い限り比較的安定して入手可能だと思われます。

2019年9月18日現在はチケット抽選は始まっていません。

最速チケット抽選申し込みは

2019年10月16日から販売される新アルバム「神楽色アーティファクト」に封入されているシリアルナンバーから応募可能です。(画像タップでリンク移動します)

画像

その後も第1次~第4次先行受付、一般販売と続いていくと思われるので

行こうと考えている方は

まふまふさんのTwitter(@uni_mafumafu)をこまめにチェックしましょう。

 

まふまふのライブはチケット代が安すぎる

まふまふさんの意向やファン層を考慮してのことだと思われますが

他のアーティストと比較してもチケット代が安すぎます。(笑)

例えば、以前の西武ドーム公演のチケット代は6000円です。

ドーム公演の平均価格は7000~9000円くらいだと思われます。

 

そのくらい取らないと、ドーム公演を成功させる費用が賄えないんです。

 

アーティストのライブって収益が全てそのアーティストに入ると思っていませんか?

実はほとんどその他の費用に使われます。例えばこんな感じ

  • 会場使用料(東京ドームだと1日で1700万円、準備日で600万)
  • 舞台セット
  • 照明
  • 人件費
  • その他もろもろの手数料

 

これら全ての費用を賄うことが出来て初めてライブが行われるんですね。

 

今回の東京ドーム公演だと6300円×57,000人=3憶6千万

ここからどのくらい残るのかは分かりませんが、

他のアーティストが8000円,9000円である以上、

ギリギリまで値段を落としていることが分かります。

 

グッズを買えば貢献できる

ここからはファン向けになりますが、

これほどチケット代を下げてくれるまふまふさん。

勿論、グッズ代も向こうの利益になります。

となるとグッズを買えば、まふまふさんが楽になるんですね。(笑)

ファン層もかなり若いと思われるので、

ラバーバンドやタオルくらい買うだけでも

まふまふさんは喜んでいると思いますよ‼(笑)

以前の西武ドームのグッズ詳細はこちら

 

まふまふこれまでのライブ歴

開催年 会場
2017年1月 Zepp東京.大阪,名古屋
2017年2月 幕張イベントホール
2017年5月 さいたまスーパーアリーナ
2018年3月 幕張メッセ9.10.11ホール
2019年6月 メットライフドーム
2019年12月 横浜アリーナ・大阪城ホール
2020年1月 国立代々木競技場
2020年3月 東京ドーム

日に日に大きくなっていっていますね…。凄すぎる。

今回東京ドーム公演が成功したら、次からはどこでやるんでしょうか。

そのうち2daysとかも行われそうですね。

 

アルバムを買ってライブに備えよう

今回のライブ、イラストがアルバムと同じことから、

主にアルバム曲が披露されることが予想されます。

それも今回のアルバムの収録曲数は【20曲】

これだけで1ライブできちゃいますからね。(笑)

こちらから最新アルバム「神楽色アーティファクト」は予約可能です。

-音楽
-

© 2020 ふんわりんぐ Powered by AFFINGER5