ずっと真夜中でいいのに。 歌詞考察・解釈 音楽

ずっと真夜中でいいのに。-蹴っ飛ばした毛布の歌詞を考察・解釈

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐡

2019-09-26日にずっと真夜中でいいのに。の新曲

「蹴っ飛ばした毛布」が公開されました。

 

早速、歌詞考察・解釈をしていきたいと思います。

 

考察・解釈のまとめ

 

・変わりたい自分に葛藤しながら向かっていく心情

 

・変わることは自分にとって「解決」ではあるが
「答え」ではないのかもしれない

 

・自分の敵は自分だが、助けてあげられるのも自分しかいない

 

・歌詞、メロディー、MV共に安定のずとまよ節

 

要らないよ 食べかけの借りた映画も

忘れたいよ 自分のものでしかない約束も

求めすぎた 勇気なんて捨てたいや

待ちくたびれた 久しぶりだねって言えた覚悟

どうか思い出になんかしないで

蹴っ飛ばした毛布

気配を探している癖がついて

温もり飛んでった 冷え切ったパンの耳かじってても

傷つくことでしか 自分を保てないのは嫌だよ

ずっと解決が 答えじゃないことが

苦しいの わかってるけど

無口な君 真似ても

今は緩い安心が不安なんだよ

誰に話せばいい これからのことばかり

大切には出来ないから

すぐ比べ合う周りが どうとかじゃ無くて

素直になりたいんだ

冷たいにおいに負けそうになるくらい

暖かさに慣れてたせいかな

触れた気体を縒れた鞄に蔵って

君のくれたバッチ握って

張り裂けそうな声で

少しでも起き上がれないかな

ずっと解決が 答えじゃないことが

苦しいの!わかってるけど

無口な君 真似ても

今は緩い安心が不安なんだよ

誰に話せばいい これからのことばかり

大切には出来ないから

すぐ比べ合う周りがどうとかじゃなくて

素直になりたいんだ

どれだけ複雑でもたどり着いてしまうから

私は平気だよって 分かって欲しいから

どれだけ単純でも 遠回りして伝えるから

君が どうかなのかを 教えてほしいから

どれだけ複雑でもたどり着いてしまうから

私は平気だよって 分かって欲しいから

どれだけ単純でも 遠回りして伝えるから

君が どうかなのかを 教えてほしいから

ずっと追いかけた 懐かしい匂いだけ

包まっても 嫌になるけど

少しだけ 不安だと

心地よくなる安心も 嫌なんだけど

誰に話しても これからのことばかり

大切にしていたいけど

すぐ比べ合う周りがどうとかじゃなくて

今隣にいたいんだ

 

蹴っ飛ばした毛布について

この楽曲は2019-10-30日に発売される

1st FULL ALBUM『潜潜話』に収録されています。


ずっと真夜中でいいのに。の他楽曲はこちらから聴くことが可能です。


まだApplemusicをご利用になっていない方はこちらからどうぞ

Applemusicの無料体験はこちらから

 

蹴っ飛ばした毛布の意味

「毛布を蹴っ飛ばす」瞬間は、布団から出て行動を始めるとき。

 

蹴っ飛ばすとなると、何か先の予定がある、○○をやるぞ!!

といった確信・覚悟があることが多いと思います。「よし!動くぞ!」って感じ?(笑)

 

それを心理的に置き換えると、何か行動を起こす、変わろうとしている

 

毛布や布団は居心地が良いですよね。

よって、「自分自身・安定した空間」といった意味でしょうか。

 

それを蹴っ飛ばす。

=自分を変えたい、現状を変えたい

 

そんな意味をもったタイトルだと考えました。

 

歌詞考察・解釈

塞ぎ込んでいる自分からの現状打破

要らないよ 食べかけの借りた映画も

忘れたいよ 自分のものでしかない約束も

求めすぎた 勇気なんて捨てたいや

待ちくたびれた 久しぶりだねって言えた覚悟

どうか思い出になんかしないで

蹴っ飛ばした毛布

気配を探している癖がついて

温もり飛んでった 冷え切ったパンの耳かじってても

傷つくことでしか 自分を保てないのは嫌だよ

 

借りた映画も見終えることが出来ない。

MVの孤独な部屋で佇んでいる様子からも

自分と外の世界に対して塞ぎ込んでいる。

 


 

「求めすぎた 勇気なんて捨てたいや

待ちくたびれた 久しぶりだねって言えた覚悟」

自分と向き合おうとしていて、ようやく自分の中で答えが出た。

 


 

毛布を蹴っ飛ばしたい=「現状を変えたい、吹き飛ばしたい

 

「気配を探すクセ」「飛んだ温もり」「冷え切ったパンの耳」

これらの表現は全て塞ぎ込んでいる自分を表している。

 


 

「傷つくことでしか 自分を保てないのは嫌だよ」

ずっと自分を責めて塞ぎ込んでいる

そんなことの繰り替えしで成った自分はいらない。

 


結局は「素直になりたい」

ずっと解決が 答えじゃないことが

苦しいの わかってるけど

無口な君 真似ても

今は緩い安心が不安なんだよ

誰に話せばいい これからのことばかり

大切には出来ないから

すぐ比べ合う周りが どうとかじゃ無くて

素直になりたいんだ

「解決」=「答え」ではない

自分を変えたい→塞ぎ込んだあの時から変わった

→それは周りからすれば解決できたと思われるかもしれないが

自分の中ではそれは答えではない

 


 

とても複雑な心境を現しているフレーズだと感じました。

無理やりなった新しい自分は

本当に自分が求めていた自分とは異なる

 


 

その後のフレーズの

「すぐ比べ合う周りがどうとかじゃなくて素直になりたい」

があるように

 

本当の自分が分からずに、繕い合って卑下し合う

そんな現代社会を風刺しているように感じました。

 


 

「これからのことばかり大切には出来ない」=

今までの自分を大切にしたい。捨てたくない。

そんな意志も感じられます。

 


 

結局は「素直になりたい

分かっているのに難しいですよね。「素直になる」って。

 


ぬるい現状から変わる、張り裂けそうな声

冷たいにおいに負けそうになるくらい

暖かさに慣れてたせいかな

触れた気体を縒れた鞄に蔵って

君のくれたバッチ握って

張り裂けそうな声で

少しでも起き上がれないかな

ずっと解決が 答えじゃないことが

苦しいの!わかってるけど

無口な君 真似ても

今は緩い安心が不安なんだよ

誰に話せばいい これからのことばかり

大切には出来ないから

すぐ比べ合う周りがどうとかじゃなくて

素直になりたいんだ

 

「暖かさに慣れてたせいかな」=

過去には優しさや幸福だった時期があった。

 


 

「触れた気体を縒れた鞄に蔵って」

「縒れた鞄」=塞ぎ込んでいる自分自身でしょうか。

 

張り裂けそうな声で 少しでも起き上がれないかな」

ここでも前を向きたいという意思が感じられます。

 


 

その後のサビは1番と全く同じなので解釈は上記を参考下さい。

ですが、全く同じ歌詞を2度使うあたり

サビのフレーズが一番伝わって欲しいのかもしれませんね。

 


 

余談ですが、「素直になりたいんだ」のメロディー

ずとまよ感がスゴくないですか?(笑)

ACAねさんが歌いそうな滑らかなメロディーだなぁと。

感情がこもっていて、グッとくる場所でもありますね。

 


 

変わりたい⇔変わりたくないのループ

どれだけ複雑でもたどり着いてしまうから

私は平気だよって 分かって欲しいから

どれだけ単純でも 遠回りして伝えるから

君が どうかなのかを 教えてほしいから

どれだけ複雑でもたどり着いてしまうから

私は平気だよって 分かって欲しいから

どれだけ単純でも 遠回りして伝えるから

君が どうかなのかを 教えてほしいから

 

「私」=変わろうとしている自分

「君」=変わることを恐れている、望んでいない自分

の対比のように感じました。

 


 

2回フレーズを繰り返しているのも

心の中で色んな感情が渦巻いている様子を表しているような。

 

簡単には踏み出せない変化することの難しさが

リアルに表現されているように感じました。

 


 

ここはMVを踏まえると色々な解釈が出来そうです。

ずとまよの曲ってすごく凝ってますよね。

「凝ってる」なんて表現は安っぽくなってしまいますが。

 

歌詞も抽象的なモノが多いですし、

人によって色々な解釈が可能。おもしろいです。

 


自分の敵は自分だけど、助けてあげられるのも自分

ずっと追いかけた 懐かしい匂いだけ

包まっても 嫌になるけど

少しだけ 不安だと

心地よくなる安心も 嫌なんだけど

誰に話しても これからのことばかり

大切にしていたいけど

すぐ比べ合う周りがどうとかじゃなくて

今隣にいたいんだ

 

「懐かしい匂い」=塞ぎ込んでいる自分

「包まっても嫌になる」=変わりたいとは思っている

 


 

「すぐ比べ合う周りがどうとかじゃなくて 今隣にいたいんだ」

自分に寄り添ってあげたい。他人と比較せずに自己肯定をしたい。

 

自分自身に悩みを持つ自己肯定感の低い現代人を表している

そんな風に解釈することが出来ました。

 


 

自分の敵は自分だけど、助けてあげられるのも自分しかいない。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか。

ずっと真夜中でいいのに。-蹴っ飛ばした毛布-歌詞考察・解釈でした。

 

解釈や考察は人それぞれ異なるので参考程度にご覧ください。

そして自分なりの解釈もしてみてくださいね!!

ゆったりとした曲調にメッセージ性の強い歌詞

それに乗った感情的なメロディーが相まって伝わってくるモノがあります。

 

歌詞は相変わらずのずとまよ節ですね。

MVも正義から同様の絵師さん(革蝉)で素晴らしい作品になっていると思います。

https://twitter.com/aozukikawasemi/status/1177179574850863104?s=20

 


 

このブログでは今回の記事のように

【邦ロック】【ネット発アーティスト】【ボカロ】

などの楽曲の歌詞考察・解釈を行っています。

以下はこれまでに歌詞考察・解釈した記事になります。

キタニタツヤ-Stoned Childの歌詞を解釈・考察

まふまふ「それは恋の終わり」切なすぎる歌詞を解釈・考察

まふまふ「生まれた意味などなかった。」歌詞に込められた意味とは?解釈とネット上の反応

-ずっと真夜中でいいのに。, 歌詞考察・解釈, 音楽
-

© 2020 ふんわりんぐ Powered by AFFINGER5