【歌詞考察/三浦大知】COLORLESS【自分の色を持っているか】

歌詞考察・解釈

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐡

12月4日に三浦大知の新曲『COLORLESS』が配信開始されました‼

今回は『COLORLESS』について歌詞を考察していきたいと思います‼

1月には当楽曲『COLORLESS』を含んだシングルが発売決定‼

以下のリンクからチェックできます(タイトルは未定のようです)


歌詞

カテゴライズって一体?誰かが決めたライン

あっという間に流れるように見えて なかなか変わらない世界

きめつける未来 くだらない この手で今を選びたい

深く高く広げる思考

何色にでも 染まるスタイル だから何にも染まらない

無色透明な この my mind 譲らない

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) I am colorless

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) もっと自由に

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) I am colorless

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) I am colorless

ここにルールはない やりたい事が正解

あっという間に流れていく時間 戻ることはないから

1秒1秒を 無駄にしない

無色透明な この my mind 崩さない

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) I am colorless

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) もっと自由に

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) I am colorless

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) I am colorless

What is your color? 君の色は? I am colorless

What is your color? 君の色は? I am colorless

作詞:Daichi Miura

シンプルながらも人々に蔓延る固定概念や固まった見方について言及している歌詞。

どんな思いが込められているのでしょうか?

詳しく考察していきましょう‼

 

歌詞考察

カテゴライズって一体?誰かが決めたライン

あっという間に流れるように見えて なかなか変わらない世界

誰かに決められて定まった自分

勝手に分類された自分

何者かに定められたものさしで測られた自分。

そんな”自分”のままで本当に良いのだろうか?

 

休む暇もないほどに忙しなく過ぎ去っていく毎日のようだが、

カテゴライズされたままの人々で溢れかえり、いつまでも変わり映えの無い世界。

 

そんな”つまらない“あるいは”勿体ない“状況について

もっと自分らしく生きろよ‼】と投げかけているフレーズ。

 

きめつける未来 くだらない この手で今を選びたい

深く高く広げる思考

何色にでも 染まるスタイル だから何にも染まらない

無色透明な この my mind 譲らない

誰かに、何かに決めつけられた未来。そんなものはまさに”くだらないもの

こんなにも思考と行動が伴っている器用な生き物なのに

自分で”今”を”未来”を選び抜いて行かないのは”もったいない

 

無色透明“とは

光を透過し、物体そのものに色がついていないさま。透明であり色もないさま

 

何にでもなれる可能性を持ちながらも、つまらない固定概念には染まらない。

そんな自由な自分を生きていってほしいんだよ。

 

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) もっと自由に

colorless“の意味を調べると以下の意味を伴っていることが分かります。

  • 無色の
  • どんよりした
  • 特色のない
  • つまらない
  • 面白くない

“無色透明”とは異なり、”colorless”はネガティブ

イメージを持っていることが分かります。

このことから質問を投げかけられているのは”我々=カテゴライズされた人間

そんな人たちは自分の色を持っていないため”I am colorless“としか答えられない

 

ここにルールはない やりたい事が正解

あっという間に流れていく時間 戻ることはないから

1分1秒過去に戻ることは不可能であるから、自分のやりたいことをやれ。

見えない”ルール“に縛られて生きていてはいつまでも自由にはなれないんだ。

イキイキと自分らしく生きている”三浦大知“から

投げかけられるこのフレーズは一層説得力があります。

 

1秒1秒を 無駄にしない

無色透明な この my mind 崩さない

その後も繰り返される

What is your color? 君の色は? I am colorless

(What is your color? 君の色は?) もっと自由に

ビートに乗せられたこの歌詞は一層わたしたちに問いかけてきます。

 

出る杭は打たれる“そんな教育・社会であるから、”無色透明“を意識して、

反骨精神と言わんばかりの気持ちで生きていくべきなんでしょうか。

自分の生き方・あり方を考えさせられる歌詞ですね…。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

三浦大知の新曲『COLORLESS』について歌詞を考察していきました‼

YouTube

FNS歌謡祭でもテレビ初披露ということで話題沸騰中ですね‼


素晴らしい楽曲をありがとうございました‼

次の考察記事で‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました