【歌詞考察/MY FIRST STORY】無告【2019TOUR定番曲】

MY FIRST STORY

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐡

MY FIRST STORYの『無告』について歌詞を考察していきたいと思います。

MY FIRST STORY -無告 – 【Official Music Video】

この曲は2019年8月14日に

『mine』『花-0714 Re:arrenge』を含む3曲入りシングル

として発売されています。

不可逆リプレイス・With Youに続いて

定番曲になる予感

マイファスさを残しながらも

どこか新しさも感じられます

 

歌詞

この広い地球(ほし)の上で 大人になった僕らは

また何かの所為にして 夢を夢のままにした

「僕は悪くないから」と 胸に刺さったナイフを

もう何回も 何回も 知らん顔してた

“サヨナラ”夢に破れた幼き人

憧れたヒーローにはなれやしないんだ

現実に叩き起こされた時

理想郷は離れて崩れ落ちてきた

「何処で間違えたの?」ねえ?

答えてよ 僕の問いに答えてよ

今も何処かにある 叶わぬ「夢」を見たいのなら

応えてよ 僕の声に応えてよ

「心」を隠すこともなく 本当の言葉で

この青い空の下で一人になった僕らは

また傷つかぬように 心に鍵を掛け

僕の事は僕にしか 分からないと決めつけて

もう独りだと独りだと 思い続けてた

お願い、黒い空を飛ぶ極楽鳥

美しすぎる羽根など見せつけないで

全て闇に葬り去るために

最期の火を付け 燃やしてくれ

要らないよ 何もかもは要らないよ

何の意味さえ無く 儚く愛は消えるのなら

要らないよ そんなものは要らないよ

今さら 何を犠牲にしても変わらないから

悲しくて 胸の奥が苦しくて

どんな過去も今も未来も全て変えれるのかな

寂しくて思い出すと空しくて

いつかの理想と現実の狭間の中で

答えてよ 僕の問いに答えてよ

今も何処かにある叶わぬ「夢」を見たいのなら

応えてよ 僕の声に応えてよ

「心」を隠すこともなく 何を見てた?

真実(うそ)を変えたくて 本当の言葉で

自分の心の葛藤と夢について書かれた歌詞

どんな思いが込められているのでしょうか

詳しく考察していきましょう!!

歌詞考察

この広い地球(ほし)の上で 大人になった僕らは

また何かの所為にして 夢を夢のままにした

「僕は悪くないから」と 胸に刺さったナイフを

もう何回も 何回も 知らん顔してた

あの日思い描いた【】をそのままにして大人になってしまった。

幾度も幾度も叶わない度、失敗する度に『僕は悪くないから』と言い続けた。

 

それでも本当は自分のせいだと気づいている。

その度、心に虚無感敗北感劣等感自己嫌悪というナイフが刺さる。

見てみぬふりをしてきたんだ。

 

自分の所為にしてしまうと、

自己嫌悪に押しつぶされ、生きていけないかもしれない。まだ自分を信じたい。

そんな受け入れたくない現実を必死に別のものに当てつけて生きてきた。


“サヨナラ”夢に破れた幼き人

憧れたヒーローにはなれやしないんだ

現実に叩き起こされた時

理想郷は離れて崩れ落ちてきた

「何処で間違えたの?」ねえ?

夢に破れたあの日の自分へ、『憧れたヒーローにはなれなかった』

思い描いていた”理想郷“はどこにもなく、ただ目の前にあるのは”現実

『僕は何処で間違ったんだ?』と繰り返す自問自答の日々。


答えてよ 僕の問いに答えてよ

今も何処かにある 叶わぬ「夢」を見たいのなら

応えてよ 僕の声に応えてよ

「心」を隠すこともなく 本当の言葉で

心の中の自分へ、どうか僕の思いに答えてほしい。

少しでもあの日叶わなかった【】を思い描いているのなら。

見てみぬふりを続けたあの日のボクを捨てて

どうか本当のボクとボクでもう一度やり直してみないか?

そんな自分を二人に見立て、心の中での葛藤を描いたフレーズ。


この青い空の下で一人になった僕らは

また傷つかぬように 心に鍵を掛け

僕の事は僕にしか 分からないと決めつけて

もう独りだと独りだと 思い続けてた

独りで抱え込んでいる自分はすごい・頑張っている。

そんな無意味な優越感に縋り続けている主人公。

心を外に向けず、『僕の事は僕にしかわからない』と決めつけた。

誰にも迷惑を掛けたくない

自分を悲劇のヒーローに見立てる状況は青年期にありがちだと思います。


お願い、黒い空を飛ぶ極楽鳥

美しすぎる羽根など見せつけないで

全て闇に葬り去るために

最期の火を付け 燃やしてくれ

極楽鳥が見せる美しい羽根はまさに自分の誇大妄想理想郷届かない思い

そんなものを幾ら思い描いていたところで、目の前にあるのは”現実“のみ

それらに振り回されるくらいならいっそ何も要らない。

覚悟を決めて前に進もうとする力強さ儚さを持ち合わせたフレーズ。

 

要らないよ 何もかもは要らないよ

何の意味さえ無く 儚く愛は消えるのなら

要らないよ そんなものは要らないよ

今さら 何を犠牲にしても変わらないから

投げやりではなく信念を貫いている・覚悟を決めた心情を感じられる。

愛も理想郷も責任転嫁も過去に囚われている自分も要らないんだよ。

今更なにに縋っても何を犠牲にしても何一つと変わりやしない。


悲しくて 胸の奥が苦しくて

どんな過去も今も未来も全て変えれるのかな

寂しくて思い出すと空しくて

いつかの理想と現実の狭間の中で

理想と現実に挟まれて心理的に追い詰められ、全ての事が不安になる。

過去も今も未来も本当に変えられるんだろうか。

このまま走っていって良いのだろうか。

思い出すと、

悲しくて寂しくて虚しいあの日の自分

出てきてしまいそうになるんだよ。

 

答えてよ 僕の問いに答えてよ

今も何処かにある叶わぬ「夢」を見たいのなら

応えてよ 僕の声に応えてよ

「心」を隠すこともなく 何を見てた?

真実(うそ)を変えたくて 本当の言葉で

現状の真実は自分にとって【】同然であり、本当のボクでその真実を変えたい。

だから答えてほしい。応えてほしい。

それは叶わぬ「」を、叶えられなかった「」を少しでも思い描いている

心の中のボクに。

本当の僕を見せてくれよ夢に貪欲で前を向き続ける僕を

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MY FIRST STORY『無告』の歌詞を考察していきました!!

MY FIRST STORY -無告 – 【Official Music Video】

MVも鬼カッコイイですよね!!

最近ではライブで定番化しつつあります。

Hiroのハイトーンボイスにメリハリのある曲調。これぞマイファス。

個人的にはカップリング曲の『mine』が半端なくお気に入りです。

今までのマイファスとは思えない新しいサウンドにチャレンジしています。

ライブでの縦ノリが気持ち良すぎます(笑)


素晴らしい楽曲をありがとうございました。

では次の考察記事で‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました