【2020年】Neruのおすすめボカロ曲を厳選!初心者からファンまで虜になる楽曲を徹底紹介!

アーティスト紹介

ボカロPNeru】について
ファンからみたおすすめボカロ曲10選を
ランキング形式でご紹介していきます!

紹介するに当たって

  • 歌詞解釈ブロガーが選ぶおすすめ歌詞
  • ファンならではの魅力

なども追記の上、最大限に楽曲についてご紹介していきます!

この記事はこんなあなたにオススメです!

  • Neruに興味がある
  • YouTubeで見かけて気になった
筆者
筆者

Neruの楽曲を聴き始めて7年ほどの筆者が
余すことなくご紹介していきます。

ランキングの基準

※当記事には筆者の主観が多く含まれています。
予めご了承ください。

Neruの楽曲の視聴歴が長い筆者が選ぶ
聴かずにはいられない名曲たちをピックアップしました。

これを機に是非【神様、僕は気づいてしまった】
の様々な楽曲を聴いて頂ければと思います。

それではいってみましょう!

10位:かなしみのなみにおぼれる

Neru – かなしみのなみにおぼれる(Drowning in a Wave of Sadness) feat. Kagamine Len

2013年メジャーデビューアルバム【世界征服】より

インパクトのある曲名とサムネイルから既に再生回数は38万回

曲のおすすめポイント

シンプルなバンドサウンドから織り成される悲壮感漂うメロディー
流しているだけで気持ちが沈んでしまうほどです。

歌詞についても最後まで自分を責め悔やむ詞が連なるばかり。

心の奥深くにある真っ黒な液体が
音を立てて零れだすかのような
怒涛なネガティブさが魅力です。

ダメな時に、ダメな日に、ダメな自分に
是非この曲を自分に刺し付けてみてください。

歌詞

手足二つずつ生えている程度じゃ 愛せるものも二、三で
それが
バカみたいに増えていくようだと
捨ててかなきゃいけないね
だから沢山愛せるようにと 意地汚いこの僕は ある日
不器用な自分を愛するのは 止めにすると決めたんだ

出だしの歌詞から気持ちいいほどにネガティブ

ですが、どこか受け入れてしまう・共感してしまう
心の奥底で誰にも明けず秘めている想いが共鳴する。

人には勧めづらい楽曲ですが、
自分の中では永遠に「ヒーロー」のような曲です。

筆者
筆者

何度も何度も聴いて泣いた日があります。

 

9位:くたばろうぜ

Neru – くたばろうぜ(Let's drop dead) feat. Kagamine Rin & Kagamine Len

2018年3rdアルバム【CYNICISM】の収録曲。

寺田てらさんの可愛らしいテイストのMVが特徴的な当楽曲は
再生回数330万回を超えています。

曲のおすすめポイント

2013年~2016年頃の楽曲とは少し作風が変化

更に楽曲に音が詰まり、
リズムや楽器隊も幅広くなっています。

ロストワンの号哭東京テディベアの頃の
シンプルなロックサウンドと聞き比べると
一聴瞭然です。

歌詞もネガティブの先にある諦念・開き直り
を歌い上げており、どこか前向きになれます。

上記の『かなしみのなみにおぼれる』と
比較してみれば、
Neruさんの心情や音楽観の変化などが感じられます。

筆者
筆者

昔の楽曲も挑戦して変化を続ける今の楽曲も

本当に素晴らしい魅力ばかり。

 

歌詞

ああやってこうやって どうしようもないと思った
結局は何だって 才能が肝心なんだ
敗因が何かって 本当は知っているんだ
単純で明快だった 僕等は弱者だ

歌詞が変わったといえど、本質は変わっていません。

私たちを扇動させるような共感性のあるネガティブな歌詞。

しかし、昔と比較すれば
少しだけ青臭さが無くなったような気がします。

決して楽観観しているワケではなく、
自分と必死に対峙した先の諦念や開き直り。

この楽曲に勇気づけられた人も多いのでは?

8位:脱獄

Neru – 脱獄(Jailbreak) feat. Kagamine Rin

2015年2rdアルバム【マイネームイズラヴソング】の収録曲。

歌い手【灯油】さんへの書き下ろし曲でもあります。

しづさんが手掛ける全編アニメーションMVと
圧倒されるロックサウンドが魅力的な当楽曲は
再生回数300万回を超えています。

筆者
筆者

このアニメーションを完成させるまでに
途轍もない時間を費やしたと述べていました。

曲のおすすめポイント

疾走感のあるメロディーと
音圧のあるロックサウンドが魅力的です。

それでありながら乗せられたメロディーは
壮大かつ儚さを伴っています。

ストーリー性のある歌詞は
当楽曲が制作されている頃に
ボカロ界隈で流行っていたそう。

美麗で見入るアニメーションMVと合わせてどうぞ。

歌詞

あの頃僕ら 夢を語っていた この檻の上から
ゴミの様な都市を見下ろすんだ
錆びたスロットル
骨が折れるくらいに
目一杯押し込んで今 現実を突破しよう

脱獄』というタイトルのままの世界観。

牢獄から果てしない青空へ抜け出そうとするストーリーは
そのままに解釈しても心締め付けられますが、

何も無い牢獄のような自分からの脱却などというように
様々な解釈が出来るかもしれません。

注目してほしいのはMV中に登場する文章

子供の頃、この瞳が確かに捉えていたモノを
見て見ぬ振りをするのが大人になる事だというのなら、
僕は一生、子供のままだって構わない。

この楽曲に登場する彼らは
最後まで子供を足掻いていたのかもしれません。

7位:小生劇場

Neru – 小生劇場

2012年に発売したデビュー前の1stアルバム【小生劇場】より。

Neruさんの原点ともいえるネガティブな世界観が特徴的です。

曲のおすすめポイント

シンプルで最底限の楽器隊は
歌詞とメロディーを全面に出すためでしょうか。

ひとつひとつの歌詞が心を抉り取るように鋭い。

しかしその中に包み込むような温かさがあります。

Neruさんの楽曲の中で
最もネガティブな楽曲だと思います。

自己否定・自己嫌悪を書き殴った青臭さは
昔ながらの青年期的心情。

歌詞

こんなボクらがお互いの声を聴き 歌った歪な愛の歌
ボクら 孤独には勝てないと
どうせボクらはこの瞬間さえもまた
虚勢の登場人物で
誰も 見ちゃくれない舞台で

聴くだけで涙を誘われるような真っ向に暗い歌詞なのです。

自分が自分であることに何度も悔やみ、嘆いた先に
出来上がった歌詞なのでしょうか。

Neruさんも私たちと同じ性格だからこそ
このような共感性のある歌詞が書けるのです。

筆者
筆者

!stアルバムはどれも尖っていてお気に入りです。


6位:SNOBBISM

Neru & z’5 – SNOBBISM feat. Kagamine Rin & Kagamine Len

同じく2018年3rdアルバム【CYNICISM】の収録曲。

別名義 z’5によるエレクトロニクスな一面も加わった当楽曲は
約300万回の再生回数を記録しています。

曲のおすすめポイント

上記でご紹介してきたシンプルなロックサウンドとは異なり

ふらっとBGMとして流したくなるようなお洒落さがあります。

歌詞は今の作風で半ば投げやり・開き直りを描いています。

 

歌詞

さあ、喧嘩しようぜ 喧嘩しようぜ
インプレッション次第でミサイルをぶっ放して
さあ、喧嘩しようぜ 喧嘩しようぜ
正当性なんて後でテープでくっつけろ

 

5位:延命治療

Neru – 延命治療(Life Prolonging Treatment) feat. IA

2013年メジャーデビューアルバム【世界征服】より。

鏡音リン・レンを歌唱ボーカルとして使用する楽曲が多数の中で
珍しくIAを使用している作品の一つです。

再生回数は50万回を突破しており、Neru楽曲の中で
マイナー寄りではあるが、人気のある楽曲です。

曲のおすすめポイント

一度聴けばクセになる流れるようなイントロ
緩急が目立つドラムのリズムが魅力です。

粗くザラっとしたギターサウンドも
まさに昔のロックサウンド時代のNeruの象徴。

歌詞

言ってしまえば 今日も明日もきっと 楽になれるんだろう
全部僕が悪いんだと 全部僕が悪いんだと
いつか夢見たような 大人になんて なれやしないんだよ
ならば 何になりゃいいんだい
延命 延命を頂戴
証明 証明の問題
病名 病名は『後悔』

過度な自己否定未来への絶望感が歌われた楽曲。

最後に病名は『後悔』とあるように、
いつまでも自分への執着が離れずにいるのです。

心に染み込むようなマイナーサウンドと
まるで自分の心の内を曝け出されているかのような
歌詞を是非体感してみてください。

筆者
筆者

まふまふさんやそらるさんのカバーも素敵ですよ!

延命治療 そらるVer

そらる-延命治療 Arrange ver.【歌ってみた】

延命治療 まふまふVer

延命治療 -Arrange ver.- @歌ってみた【まふまふ】

4位:ロストワンの号哭

Neru – ロストワンの号哭(Lost One's Weeping) feat. Kagamine Rin

Neruさんの楽曲と認識している人の方が少ないほどに

ボカロ界隈を進出して大きな人気を獲得した楽曲。

再生回数は1400万回を超えており、Neruさんの代表曲

曲のおすすめポイント

開始早々のイントロのリフと裏打ちのドラムは
興味を持たずにはいられない中毒性です。

ボーカロイドの特性を生かしたハイトーンボイス
シンプルなバンドサウンドが魅力的。

替え歌や歌ってみたなど数多のカバーもなされ
今や聞いたことのない人の方が珍しいほどに。

歌詞

いつになりゃ大人になれますか
そもそも大人とは一体全体何ですか
どなたに伺えばいいんですか
おいどうすんだよ もうどうだっていいや

満足できない恵まれた日常
環境のせいにし続ける自分への嫌悪感

何者にもなりえやしない劣等感など、
まさにNeruさん節。

中毒性のあるメロディー故に、
歌詞が見られないこともありますが、
是非歌詞にも注目して頂きたい一曲です。

筆者
筆者

カラオケでも絶対一回は誰かが歌いますね…笑

 

3位:脱法ロック

Neru – 脱法ロック(Law-evading Rock) feat. Kagamine Len

同じく2018年3rdアルバム【CYNICISM】の収録曲。

ボカロ界が停滞していた2016年頃に
『ゴーストルール』や『エイリアンエイリアン』
などと同時期に投稿されました。

これらの楽曲によって
ボカロ界隈が賑わいを取り戻した
と言っても過言ではありません。

筆者
筆者

DECOさんもナユタンさんもレジェンドですね…。

 

曲のおすすめポイント

本人が深夜テンションで制作したと言っていたように
まさに『よくわからない所』が魅力的です。

しかしながらどこかノれて馬鹿になれる楽曲。

ネガティブな世界観のNeruさんを追ってきた自分にとって
公開された当初は衝撃的でした…笑

いい意味でボカロっぽいという言葉が似合います。
りゅうせーさんのふざけているようなMVも世界観にピッタリ。

歌詞

エビバリ 現実逃避に 縋れ 縋れ
負け犬になって 吠えろ 吠えろ
理想像なんて 捨てろ 捨てろ
それが 脱法ロックの礼法なんですわ

最底辺に 沈め 沈め
社会不適合者に 堕ちろ 堕ちろ
自殺点ばっか 決めろ 決めろ
それが 脱法ロックの礼法なんですわ

 

2位:ハウトゥー世界征服

Neru – ハウトゥー世界征服(How-to World Domination) feat. Kagamine Rin & Kagamine Len

2013年メジャーデビューアルバム【世界征服】より。

ハウトゥー世界征服という印象的なタイトルと
壮大な世界観を持った楽曲は280万回再生を越えています。

曲のおすすめポイント

ピアノロックとも形容できるこの楽曲は
最終回のような壮大さ切なさが内包しています。

アルバム【世界征服】では
吐き出すように羅列された歌詞が多いです。

しかしながら当楽曲は
自分に、あるいは世界に諭すように決意するように
強く優しく歌い上げています。

歌詞

優しい人にならなくちゃ
僕は僕を 肯定していたい

優しい人にならなくちゃ
心が悴む前に

この楽曲でなんども登場する『優しい人

その意味を考えながら聴くことで
更に楽曲の持つメッセージ性が深まります。

筆者
筆者

MVの荒廃した教室というイメージ像も
非常に世界観を表しています。

 

1位:病名は愛だった

Neru & z'5 – 病名は愛だった(The Disease Called Love) / feat. Kagamine Rin & Kagamine Len

2018年3rdアルバム【CYNICISM】の収録曲。

圧倒されるサビとダークかつ繊細な世界観を持ったこの楽曲は
200万回再生を突破しています。

曲のおすすめポイント

本人曰く、普通に思考していては思いつかない楽曲になった
と述べていました。

それは聴けば一聴瞭然であり、
壮大なスケールかつ、ひとつひとつの音が生きているよう。

曲の大半は『病名は愛だった』と歌い続けています。
機械の二人が苦しそうに藻掻きながら感情的に歌い上げている様は
何度聴いても魅力的。

サビの難解な音程は、心電図を表しているという解釈を見かけ、
素晴らしい解釈だと感じたと同時に
この楽曲に込められた思いの強さも実感。

別名義z’5エレクトロニクス部分
まさに心臓の音をイメージさせられます。

筆者
筆者

圧倒的一位。ここまで耳を通じて感情を強く揺さぶられたのは初めてです。

歌詞

美しい嘘に騙されて
会に合わぬ花に成り果てて
緩やかに迫る死期ですら
フィナーレのように見違える

浅ましい夢に化かされて
不例な病に祟られて
息も絶え絶えな恋心
その死に目を綴った

「病名は愛だった」

本家の歌唱は無機質で楽曲の持ち味を最大限に生かしていると
感じていますが、カバー歌唱も魅力的です。

病名は愛だった まふまふVer

病名は愛だった/まふまふ【歌ってみた】

本家と比較してより人間味に満ち溢れた本カバー。

心を八つ裂きにされるような圧巻のサビが特徴です

まふまふさんが好きな方はこちらの記事もオススメです!

 

終わりに

いかがでしょうか。

ボカロP【Neru】さんのおすすめ楽曲をランキング形式でご紹介しました。

活動当初から現在まで様々な名曲を生み出し続けているNeruさん。

まさにボカロ界隈のレジェンドの一人です。

Neruさんのアルバムは以下から簡単に購入できるので
この機会に是非チェックしてみてください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました