歌詞考察・解釈

【THE ORAL CIGARETTES/Shine Holder】歌詞の意味を考察!【現代社会の闇とそれでも前を向き続ける光】

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐡

THE ORAL CIGARETTESの新曲『Shine Holder』

について歌詞を考察していきます!

久しぶりのオーラルの新曲!

ワクワクが止まらない…!

楽曲について

ShineHolder.jpg

11月26日、Zepp Nagoyaにて

12月18日に新曲「Shine Holder」をデジタル・リリースすることを発表。

ジャケット写真は上記の写真。

年末フェスを控えたこの時期に新曲を出すということ。すなわち

これから待ち受ける年末フェスではこの曲はほぼ100%選曲されるだろう。

レディクレでしっかりと聴いてきます(笑)

 

歌詞

私このまま底から抜け出して

目にも止まらぬ速さで加速して

私は 真実だから

誰かが作ったこの世は不条理で

息もできないくらいに肥大して

私は真実だから

光止めないで

期待もたないで

なんて言うつもりもまだないけどね

きっとこのままじゃ

掴むことすら出来ない

Shine Holder

いつまで 誰か抑えて

周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは 見られないな

Shine Holder

このまま 何も変わらない

勇気あるものに光与えて

気づかないフリするのは嫌 嫌

しがらみに囚われては

アホ隠し

数え切れない不祥事

神隠し

私は 許せないから

敗退さ 呑気なもんね

毎回さ こうしないとね

敗退さ 呑気なもんね

繰り返しザマを

感情で ごまかして

愛情で リズムとって

最低で 最高だって

いまさら

急ぐことないと

イカレタ鈍間の

言うことなど聴くわけないでしょう

競う場所すらもう

間違えてしまった

Shine Holder

いつまで 誰か抑えて

周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは 見られないや

Shine Holder

このまま 何も変わらない

勇気あるものに光与えて

気づかないふりするのは嫌 嫌

昨日だろうが 明日だろうがって

やるべきことは見えてる

だって

未来時点でどうなろうか

考えた

私このまま感じてやってきた

止められない想い

諦められんだろ

Shine Holder

いつまで 誰か抑えて

周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは 見られないや

Shine Holder

このまま 何も変わらない

勇気あるものに光与えて

気づかないふりするのは嫌 嫌

歌詞考察

THE ORAL CIGARETTES、冬フェス直前12/18に新曲「Shine Holder」デジタル・リリース決定

タイトルの『Shine Holder』とは

Shine=光・輝き

Holder=持ち主・所持者

直訳すると"光を持つもの"という意味になります。

光と真逆の世界観で歌い上げる彼らが示す"Shine Holder"とはいったい。

詳しく歌詞をみていきましょう!

1番

私このまま底から抜け出して

目にも止まらぬ速さで加速して

私は 真実だから

誰かが作ったこの世は不条理で

息もできないくらいに肥大して

私は真実だから

自分は今の現状から打開してさらに前へと加速していく。

私は真実だから=自分が"Shine Holder"(輝きを持つ者)だと自覚している。

 

自信に満ち溢れているそんなフレーズ。

 

反対に、この世界は息苦しくて不条理なのに、どんどん大きくなるばかり。

まるで真実とは逆の嘘に塗れた世界

そんな世界とはおさらばしたいんだよ。という心情が表れています。

私は真実だから」という自分を信じ切った、自信に満ち溢れたフレーズには元気を貰えますね。

 

光止めないで

期待もたないで

なんて言うつもりもまだないけどね

きっとこのままじゃ

掴むことすら出来ない

「光を止めないで」「期待なんてしないで」とは言いたくない。

 

けれど今のままでは自分の"理想"を掴むことは叶わず、

「光が止まった」「期待することもできない」人生になってしまう。

 

そんなままでいいのか?変わらなくていいのか?

 

現代社会に蔓延る"虚栄心"や"劣等感"、

他人の不幸を喜ぶ"シャーデンフロイデ"などのネガティブ要素に

飲み込まれかけている私たちに対する問いかけではないでしょうか。

 

 

Shine Holder

いつまで 誰か抑えて

周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは 見られないや

Shine Holder

このまま 何も変わらない

勇気あるものに光与えて

気づかないふりするのは嫌 嫌

こんな世の中で、いつまで自分自身を抑制して、

周りを誰かがきめたわけの分からないものさしで測って評価をして、

罵詈雑言でメチャクチャにする。

 

それは、

いじめ差別SNS誹謗中傷。見てみぬふりをしている醜い部分。

 

そして自分自身の事は客観視できずに何も変わることはない。

そんな生き方はもうやめにしないか?と問いかけてくるフレーズ。

 

だから自分(THE ORAL CIGARETTS)は"光を持つ者"として

勇気ある人々、変わろうとしている人に

どんな形だとしても光を与えていきたいんだ。

見てみぬふりをしてきた今まではもう嫌だ。

今の醜い世の中の形を

リアルに表現しているフレーズ…。

そしてサビ前の入りが

"起死回生STORY"に似ていますね‼

 

2番

しがらみに囚われては

アホ隠し

数え切れない不祥事

神隠し

私は 許せないから

不祥事は何も無かったようにひた隠しに

過去のしがらみに囚われて何も行動することができない

もうそんな情けなくダサい生き方には飽いたんだ。

 

不祥事については今の芸能界やマスコミをアイロニカルに捉えた歌詞。

 

それもサビで描かれている"周りの評価ばかりを気にする生き方"

 

敗退さ 呑気なもんね

毎回さ こうしないとね

敗退さ 呑気なもんね

繰り返しザマを

感情で ごまかして

愛情で リズムとって

最低で 最高だって

いまさら

毎回、何も変えられず、

"敗退"を繰り返しているこの無様な状況。

決して呑気などといった言葉で片づけてはならない。

 

しかし

無理やりバカをしてポジティブぶってごまかして

その場の間に合わせの愛で自我欲求を満たしている日々。

もういまさらなんだっていうんだ。

そこに映された"葛藤"や"自己嫌悪"がまたリアル。

 

急ぐことないと

イカレタ鈍間の

言うことなど聴くわけないでしょう

競う場所すらもう

間違えてしまった

外部から囁かれる他人の言い分なんて聞くわけがない。

競う場所を間違えてしまったという後悔はまさに現代社会の闇

その背景には後ほど記述してありますが、

"パワハラ"や"過労"、"いじめ"といった

劣悪な環境を示唆しているのかもしれません。

 

Shine Holder

いつまで 誰か抑えて

周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは 見られないや

Shine Holder

このまま 何も変わらない

勇気あるものに光与えて

気づかないふりするのは嫌 嫌

同じ歌詞なので割愛しますが、代わりにMVについて少し書きますね。

 

女性がヤマタクに対して銃口を向けるシーンでは、

"パワハラ"・"SNS"・"過労"などの文字が描かれていることが分かります。

 

精神的身体的に追い込まれている現代人をイメージしているのでしょうか。

 

銃で打たれるというのは"社会的に殺された"と解釈できそう。

Cメロディー

昨日だろうが 明日だろうがって

やるべきことは見えてる

だって

未来時点でどうなろうか

考えた

私このまま感じてやってきた

止められない想い

諦められんだろ

決意覚悟が伴った非常に力強い歌詞。

 

昨日も明日もグチグチ言っている暇などないんだ。

自分の感じるままにやってきたし、

やるべきことはこのままで間違っていない。

 

たとえ間違っていようとも、この思いは止められない。

 

周りを気にせず、心の中の光を元に前に進んでゆく。

 

まさにそれは光を持つ者"Shine Holder"

ラストサビ

Shine Holder

いつまで 誰か抑えて

周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは 見られないや

Shine Holder

このまま 何も変わらない

勇気あるものに光与えて

気づかないふりするのは嫌 嫌

「いつまで誰か抑えて周りの評価をして罵倒して

自分の立場なんかは見られないや」という歌詞は

この曲の中でもお気に入りのフレーズです。

 

"Shine Holder"は

  • 既に小さいながらも決意の光を心の中に抱いている人
  • これから光を掴みに行く人

どちらを取って考察しても良いなと思いました。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

THE ORAL CIGALETTSの新曲『Shine Holder』について

歌詞を考察していきました‼

オーラルらしいダークな

現代社会の見てみぬふりをしている醜い部分を歌い上げている楽曲だが

歌詞に込められた思いはネガティブではなく、

これから光を見出して自分なりに歩んでいくという力強いフレーズでした。

さらに聴きこむことによって様々な考察が出来そうな

非常に奥深い歌詞だと感じました。MVも合わせて見るべきですね‼

 

素晴らしい楽曲をありがとうございました。

また次の記事で

-歌詞考察・解釈
-

© 2020 ふんわりんぐ Powered by AFFINGER5