歌詞考察・解釈

【Vaundy/僕は今日も】歌詞の意味を解釈!【溢れ出る気持ち】

こんにちは‼ふんわりんぐのかつおです🐡

Vaundyの新曲『僕は今日も』について歌詞を考察していきます!

楽曲について

2020年2月8日にYouTubeにてMVが公開されました。

各ストリーミング配信サービスでも視聴することが可能です。

ストリーミング配信リンクはこちらから

 

Vaundyは自ら作詞、作曲、アレンジを手がけているだけではなく、

アートワークのデザインや映像もセルフプロデュースする

"現役大学生"のマルチクリエイター。

僕と同い年だと思うと、その才能と努力に脱帽します…。

 今注目を集めている曲
  • 東京フラッシュ:Youtubeにて290万回再生

Suchmos,King gnu,Tempaleyなどと同じオシャレな雰囲気を感じる楽曲。

サビでの盛り上がりやギターの心地よい音色だけでなく、

少し気だるげに歌い上げているのも魅力的。

 

  • 不可幸力:Youtubeにて190万回再生

思わず身体を動かしてしまうようなノれるHip-Hop系の楽曲。

シンプルながらも奥深いMVに、メッセージ性のある歌詞。

囁くように歌い、サビでは声を張り上げて歌う。

曲の中での彼の歌い方が変化していく部分が魅力的です。

 

 個人的オススメ曲
  • わかってないよ:Youtubeにて26万回再生

https://youtu.be/jgNqvf2SazY

上記2曲とは大きく異なり、

爽やかで疾走感のあるロック調に仕上がっています。

彼の曲は一つ一つに特色があり、

【Vaundyらしさが無い】のがVaundyらしさと言えます。

 

毎回期待を大きく超えてくる彼の楽曲ですが、

今回の【僕は今日も】はどのような楽曲なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!

歌詞

母さんが言ってたんだ
お前は才能があるから
「芸術家にでもなりな」と
また根拠の無い夢を語る

父さんが言ってたんだ
お前は親不孝だから
1人で生きていきなさい
また意味もわからず罵倒する

1人ではないと暗示をして
2人ではないとそう聞こえて
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうする他にすべはなくて
愉快な日々だと暗示をして
不協和音が聞こえてきた
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持ちを

弾き語るよ

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

彼女が言ってたんだ
あなたはかっこいいから
イケメンじゃなくてもいいんだよ
また 元も子も無い言葉を君は言う

僕はできる子と暗示をして
心が折れる音が聞こえた
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうするほかにすべはなくて
次の日は傘を持って行った
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持ちを
弾き語るよ

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

ピアノの音が聞こえる
ガラガラの声が聞こえる
枯れてく僕らの音楽に
飴をやって もう少しと
その気持ちを

弾き語るよ

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

もしも僕らに才能が無くて
もしも僕らが親孝行して
もしも僕らがイケていたら
ずっとそんなことを思ってさ
弾き語るよ

作詞:Vaundy

 

歌詞考察

1番

母さんが言ってたんだ
お前は才能があるから
「芸術家にでもなりな」と
また根拠の無い夢を語る

父さんが言ってたんだ
お前は親不孝だから
1人で生きていきなさい
また意味もわからず罵倒する

この曲でVaundy自身は、溢れ出る気持ちを謳いたかった。

それは様々な"たられば"だけではなく、幼少期から違和感を感じていた物事だって変わりはない。

ここの歌詞でも述べられているように、

  • 根拠の無い夢を語る
  • 意味が分からない理由で罵倒する

彼は今でこそ才能や実力を認められていますが、幼少期にただ頷かされたものに対する違和感はまだ心の奥にあったことが分かります。

 

1人ではないと暗示をして
2人ではないとそう聞こえて
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうする他にすべはなくて
愉快な日々だと暗示をして
不協和音が聞こえてきた
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持ちを

弾き語るよ

孤独でつまらない日々に自分自身で"暗示"をした。

例えそれが辛くとしても暗示をかけて抑え込んでいるしか方法が無かった。

そんな中で彼が見つけた唯一の方法が"曲にして歌う"ことだった。

音楽が変えてくれた。音楽に出会えてよかった。

そんなVaundyの本心真っ直ぐな想いが伝わってくる

メッセージ性のある歌詞。

 

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

そこに僕の歌があればそれでいいさ

心に余裕があり、たらればを言えるようになったVaundyの背景にあるものはやはり"音楽"であったことが分かります。

何も無くなっても自分の曲が残ってくれればいい。

まさしく【自分=音楽】の構図。

それほどにVaundyを構成しているものは"音楽"だった。

2番

彼女が言ってたんだ
あなたはかっこいいから
イケメンじゃなくてもいいんだよ
また 元も子も無い言葉を君は言う

何を指しているかもはっきりとしない"かっこいい"

それは本当に曖昧で、Vaundy自身を無理やりに元気づけるだけの発言かもしれない。

同時に"イケメン"=良いとなされている現代の構図も皮肉しているような歌詞に共感したくなります(笑)

そんな元も子も無い言葉に対しても一番の歌詞と同じように違和感を覚える。

 

僕はできる子と暗示をして
心が折れる音が聞こえた
思ってるだけじゃ そう 辛くてでも
そうするほかにすべはなくて
次の日は傘を持って行った
抑えてるだけじゃ そう 辛くて
だから この気持ちを
弾き語るよ

親から"できる子"・周りから"才能がある"と言われ続ける中で、

自分と周りからの自分にが生まれ始めた。

そんな中でもひたすらに"暗示"を続けて溢れ出そうな気持ちを抑え続けてきた。

1番と2番で同じような歌詞を書いてあるのは、

それほどに彼が伝えたい思いが固まっていることを彷彿とさせます。

 

もしも僕らが生まれてきて
もしも僕らが大人になっても
もしも僕らがいなくなって
いても そこに僕の歌があれば
それでいいさ

サビの歌詞は1番と同様なので省略しますが、

たらればを歌っている歌詞ということで

個人的におススメな楽曲を載せておきます。

  • たられば/amazarashi

タイトルから分かるように、ひたすらに"たられば"を歌い上げた楽曲。

『もしも僕が王様だったなら、嫌いな奴は全員消えてもらう。僕以外みんないなくなるかもな。なら、僕が消えた方が早いか』

ここの歌詞は本当に心に染みて痛みます。けど共感できる…。

是非一度聞いてみてください。

 

Cメロ

ピアノの音が聞こえる
ガラガラの声が聞こえる
枯れてく僕らの音楽に
飴をやって もう少しと
その気持ちを

弾き語るよ

音楽も調子が悪い、辛い時もありながら、耐えていく。

それは私たちの人生となんら変わりがないことが分かります。

MVの絵の不安定さや消えてしまいそうな儚さも、

そんなシリアスな気持ちを投影しているなあと感じました。

囁くような"弾き語るよ"から

大きくラストサビへと展開していきます。

ラストサビ

もしも僕らに才能が無くて
もしも僕らが親孝行して
もしも僕らがイケていたら
ずっとそんなことを思ってさ
弾き語るよ

1番で歌った"才能""親孝行"

2番で歌った"イケメン"についてをもろもろまとめた歌詞。

そんな"もしも"を並べた"たられば"を思いながら

これからも"音楽"を続けて歌い続けていく。

そんな未来への想いが込められた歌詞で締めくくっています。

 


今話題のノイズキャンセリングイヤホンでVaundyを聴いてみませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Vaundyの新曲『僕は今日も』について歌詞を考察していきました‼

素晴らしい楽曲をありがとうございました。

また次の記事で

-歌詞考察・解釈
-

© 2020 ふんわりんぐ Powered by AFFINGER5